ÉKRITS連載_最小化するヒトの行為とあらたな手 - インターフェイスを読む #1


インターフェイスを読んでいく連載を「 ÉKRITS / エクリ」ではじめました😊 エクリにはこれまでに,エキソニモと谷口暁彦さんの作品をインターフェイス的視点から読み解く「メディウムとして自律したインターフェイスが顕わにする回路」,絵文字を書く・読むときの感情の流れを考察した「絵文字😂😊😱は空白をつくり、スリル💦を生む」「絵文字😹😸🙀は空白をつくり、感情🔥を区切る」と書いてきました.

インターフェイス的視点で様々なテキストをエクリに書いていくなかで,エクリで「インターフェイスの歴史」を扱ったテキストを書きたいと思い,編集部の浅野さんと大林さんに相談してみたところ,ふたりから刺激的なコメントが返ってきました.そこで,連載というかたちで「インターフェイス」について書いてみたいと以下のように構想を書きました.

マクルーハンによる「身体の拡張」から,コンピュータによる「知能の拡張」に至り,渡邊恵太さんの『融けるデザイン』にいたる「物理世界」と「非物理世界」との関係の変化を辿っていきたいと考えていますが,どうでしょうか.

でも,初回から,この構想はいい意味でなくりました.それは,久保田晃弘さんの『遙かなる他者のためのデザイン』がでたからです.なので,初回のテキスト「最小化するヒトの行為とあらたな手」は,マクルーハンと久保田さんを扱ったものになっています.

1ヶ月半か隔月の間隔でテキストを書いていきたいと思っています😭😭😭

よろしくお願いします😋😋😋

このブログの人気の投稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

ÉKRITS連載_スケッチパッドで「合生」される世界 - インターフェイスを読む #2

MASSAGE連載02_「光の明滅」というディスプレイの原型的性質

IAMASでの勉強会_「The Word "Remix" is Corny.」と言えるけど,実際どうなの?

紀要論文「クリーンな色面に重ねられたテクスチャが生み出すあらたなマテリアル」

「動詞から名詞へ,名詞から動詞へ」という感覚の切り替え

ディスプレイと物理世界との重ね合わせと物理世界から外れたディスプレイ:「一枚の絵の力」の永田さんと山形さん

「Generated X [生成されたX]」の気配

インターフェイス再考:アラン・ケイ「イメージを操作してシンボルを作る」は何を意味するのか.