MASSAGE連載12_ディスプレイなきディスプレイ場/ラファエル・ローゼンダール《Shadow Objects》


MASSAGEでの連載「モノとディスプレイとの重なり」の第12回「ディスプレイなきディスプレイ場/ラファエル・ローゼンダール《Shadow Objects》」が公開されました.


「モノとディスプレイとの重なり」と題して書いてきた連載ですが,ラファエル・ローゼンダール《Shadow Objects》を取り上げた今回は「ディスプレイ」は出てきません.代わりに出てくるのは「穴」や「影」といったモノのようでモノでなくて,モノに依存しているような存在です.ディスプレイはイメージの支持体として考えられますが,よく考えてみれば,イメージに依存して存在する「穴」や「影」のような存在なのかもしれません.だから,モノとしてのディスプレイが消えたとしても,ディスプレイは一つの場として,イメージとの関係のなかで存在し続けるのでしょう.そして,谷口暁彦さんによるカバーイメージは,最後は宇宙にまでいってしまいました.そんなこんなで今回で連載は一区切りです🖥🕳💻


よろしくお願いします😊😊😊😊😊😊😊😊😊😊😊😊

このブログの人気の投稿

光の「廊下」:ラファエル・ローゼンダール 寛容の美学

東京大学大学院講義「建築設計学第3」:建築と「もの」でのゲストレクチャーの告知💬とメモ✍️

Poi Vol.2 featuring Tomoya Watanabe_PDF

「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」展カタログへの寄稿

インスタグラムの設定にある「元の写真を保存」について

「窓」というインターフェイス🖼がサーフェイス🏁に変化する瞬間💬

メモ_融けるデザインとexUI:渡邊恵太さん

Houxo Que「apple」から考えた_サーフェイスとその内部である「バルク」

『メディア・アート原論』への寄稿

The SINE WAVE ORCHESTRA の《A WAVE》を改めて考える